banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

厚木市内で一戸建てを選ぶ

2018-05-13

厚木市内で一戸建てを選ぶなら建売か注文か

子供が大きくなる前に自分たちだけの住宅を建てて、のびのびと生活を送りたいと考え、現在は賃貸マンションやアパート暮らしで我慢して、お金を貯めている家族というのは割といます。しかし、いざ住宅を建てようとすると、様々な方法があってどれを選んだらよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

厚木市内で住宅情報を探してみると、新築一戸建ての分譲住宅などと書かれた情報がよく見かけられます。駅からも近く、費用の欄を見てみると、交通の利便性がよい割には、そこそこの安さで売られているケースも多いです。そしてその分譲住宅の画像を見ると、すでに完成した住宅の様子が公開されています。

中古でもないのに新築一戸建てで建物がすでに用意されているケースは、建売住宅であることが殆どです。実際にその厚木市内にある住宅の場所を訪れてみると、建築中であったり既に建築済みの建物の様子を見ることができます。ですが、中には建売住宅なのに、全く住宅を建築する様子が見られない場合もあります。

実のところ現在では、購入者が決まってから住宅を建てるケースが多くなっているため、現地を訪れてみると、土地とセットで売られている筈なのに土地だけしか用意されていないように見えることも珍しくなくなってきています。

同じ一戸建てでも注文住宅の場合は、厚木市内に家を建てるなら、まず厚木市内で土地探しを行うことから始めなければなりません。土地が決まったら、次に住宅を建てる業者選びです。業者が決まったらどのような一戸建て住宅の外観にするか、一階建てか二階建てか、間取りはどうするのかなど、建売住宅と比べて大変多くの手順を踏まなければなりません。

建築会社の指定などがなされていない新築一戸建ての注文住宅を建てる時には、予算が許す限り自由な設計が可能ですので、費用が高額になってしまうことも多くあります。しかし、建築会社が予算内に収められるようなプランを用意してくれている場合がよくあり、そのプランを利用すれば、新築一戸建ての建売住宅と費用面ではさほど違いがないともされています。

余り深く考えずに手っ取り早く一戸建てを手に入れるなら、建売住宅でも十分です。厚木市内における不動産情報でもよく掲載されていますので、ネットなどで調べてから不動産屋へ向かうとよいでしょう。一方の注文住宅は土地から探す必要があり、希望する住宅を建てた時にその土地との相性問題もありますので、できるだけ専門家と入念な相談を繰り返し行ってから決めると、失敗を防ぎやすくなります。”

厚木で防犯性能の高い

2018-05-13

厚木で防犯性能の高い一戸建てを建てるには

厚木は神奈川の中でも非常に大きな都市で、人口が多い賑やかな町である代わりに、犯罪にも注意しなければいけない部分があります。その為、厚木の街に家を建てる場合には、その防犯についても十分な機能を持った家を建てることが望まれます。

もちろん、厚木に限らず、犯罪はどの町にも起こり得ることなので、全ての場所に建てる一戸建てに於いては、防犯の機能を高く犯罪を未然に防ぐ様な家を建てることがとても大切なことなのです。特に犯罪が増えている現代に於いては、家を建てる際の非常に重要なポイントとなります。

犯罪を未然に防ぐ一戸建ての家とは、どのようなものなのでしょうか。まず考えるべきことは、侵入するのに時間がかかる家を目指すことです。侵入するのに時間がかかると、例えば泥棒などは犯行をあきらめるとよく言われます。

その為に玄関のドアは鍵を二重にする、雨戸は閉めやすいものにしておき夜は閉めるなどの対策が大切です。さらに、玄関や門の入り口にカメラを設置することも非常に有効です。また、最近では人が通るとあかりが付くセンサーライトというものがあるので、これを玄関や門の所に設置することも効果的です。

また、最近の犯罪は昔に比べ組織的かつ過激になる傾向もあります。その為万が一の場合に備えいくつもの防犯対策を行う必要があります。その為、最近の一戸建てでは、様々な機能が用意されています。

まずは、ドアホンはカメラ付きの物が主流になっています。もちろん玄関ドアは二重鍵になっていますし、また警備会社に直結している場合も少なくありません。さらには、一戸建てでありながら宅配ボックスを装備する家も出ています。これは宅配の配達員に成りすました犯罪の例も増えていることから、玄関の鍵を開けずに受け取ることができる様に工夫されているからです。

一戸建てはマンションに比べ防犯に対する対策が弱くなるのが現実です。マンションの場合にはエントランスのロックにより不審者を建物内に入れないという対策ができますが、一戸建ての場合には家の前、玄関の前までは誰でも入ることが可能なので、玄関前から侵入させない対策が必要になります。その為様々な防犯対策を施し、犯罪を未然に防ぐ対策を行うことが大切です。

厚木の様な大きな都市では、様々な人が出入りするので、不審者が分かり難い面があります。その為なかなか不審者を地域の中に入れないという対策は難しい面があります。このような地域に建てる一戸建ては、細心の注意を払うことが大切です。”

住宅の図面について

2018-05-13

厚木市の一戸建てと住宅の図面について

厚木市で一戸建てを購入する場合、一戸建てには分譲住宅や建売住宅と呼ばれる物件と、注文住宅と言う物件に別けることが出来ます。

分譲住宅や建売住宅は、厚木市に中にある不動産会社や、他のエリアにある不動産会社が厚木市の土地を購入しして住宅の設計を行い、土地と建物をセットにして販売をしているもので、一戸建ての購入者は設計が行われた後や、住宅が建築中、もしくは完成後に購入をする事になるのが特徴です。

一方、注文住宅と言うのは、土地が最初に必要になるのですが、既存の一戸建て住宅を取り壊して注文住宅と言う形で家を作る方法、土地を購入してからハウスメーカーや工務店を探して家を作る方法、そして中古一戸建てや古屋付物件を購入し、建物を解体した上で、家の設計を依頼して家づくりを行う方法などが有ります。

建売住宅や分譲住宅の家の間取りと言うのは、販売側が設計士に依頼をして家を作り出しているため、購入側の意図が盛り込まれることは有りませんが、分譲住宅などの場合ですと、一度に幾つかの家を同時に建築を行うため、工場などでの生産をまとめて行えることからもコストが安い家を作り出せると言うメリットが有ります。

これに対し、注文住宅の場合は家の設計から立ち会う事になるのが特徴で、施工主の意図が図面に盛り込まれて家づくりを行えると言う特徴があるのです。

因みに、注文住宅は高くなると言うイメージを持つ人が多いのですが、利用する建材や住宅設備には色々なランクと言うものが有ります。どうしてもここは拘りたいと言う場所には高い建材や住宅設備を利用し、そうではない部分は安い建材や住宅設備を利用する事で、満足が行く家づくりが出来ることや予算の中で収まる家づくりが可能になるのです。

住宅の図面と言うのは、必ず作られるものです。

これは家の設計図であり、土地の中にどのように家が作られているのか、家の面積がどれだけのなるのか、家の建坪や建築面積などを図面から割り出すことが出来ます。

注文住宅の場合は最初から設計図を見ることになりますが、分譲住宅や建売住宅でも住宅を購入する時の契約の中で住宅の図面をファイルなどに入れて貰い、受け取ることになるのです。

これは家の権利書や住宅設備の取扱説明書、そして図面などがセットにした形で配布されるケースが多く、家の重要な書類となるものですので、大切に保管をしておく必要が有りますし、設計図などは住宅をリフォームする時にも利用する事が有りますので大切に保管をしておく必要が有るのです。”

Copyright(c) 2018厚木で一番良い一戸建てを建築するための方法を学ぼうAll Rights Reserved.